認可・無認可の違い - 保育園の“いま”

保育園の“いま”

認可・無認可の違い

子供を保育園に預ける理由は各家庭の環境によって異なる部分が多いと思いますが、共通して言えるのが保育園選びについてではないでしょうか?
子供をどこの保育園に預けるのが一番いいのかは悩みどころですし、評判等含め十分に情報収集したうえで決めたいところです。
また認可なのか認可外なのかも重要なポイントになると思いますが、この違いはどういったところにあるのでしょうか?

まず認可保育園とは都道府県や市町村が十分な施設と職員数を認めたところで、児童福祉法に基づく児童福祉施設に該当します。
認可保育園は大きく分けて2種類あり、ひとつは自治体が運営する公立保育園、もうひとつは社会福祉法人が運営する民間の保育園です。
認可保育園の大きな特徴は国から認められていることに加えて、公費によって運営がなされているため子供を通わせるうえで安心感があります。

一方で認可外の保育園は基本的に国からの認可が下りていないため、公費で運営しているところもあればそうでないところもあります。
ただ認可外の保育園だから質が悪いということではなく、認可外の保育園の中には満足できるところはたくさんあります。
さらに認可外のいいところは夜間働いている人が子供を預けられるところにあり、これは夜勤で生計を立てている一人親世帯にはかなりありがたいことだと思います。

このように認可保育園と認可外保育園の違いは明確な部分もありますが、それぞれいいところがありますのでこれから子供を通わせる保育園を探すなら特徴をしっかり把握しておきましょう。
また最近ではホームページを持っているところも多いので参考にしてみてください。

所沢市の保育園をお探しならくれよん保育園へ
西所沢駅近くの認可外保育園。認可外ならではの充実したサービスを完備。

top