保育園と幼稚園の違い - 保育園の“いま”

保育園の“いま” > 保育園と幼稚園の違い
保育園の“いま”

保育園と幼稚園の違い

子供を預ける際の気になることのひとつに「保育園と幼稚園の違い」があげられると思いますが、これは意外と知らない人も多いそうです。
保育園と幼稚園は実は似て非なるもので、必要となる資格も違いますのでそれぞれのシステムをきちんと把握してから預けるようにしてください。

まずはじめに保育園のシステムですが、こちらは原則0歳から小学校入学前の段階までの乳児及び幼児を対象としており、時間も朝7時半から夕方17時半から18時半くらいまで預かってもらうことができます。
また必要となる資格は保育士資格で、所管は厚生労働省になります。

一方幼稚園のシステムはまず対象となるのが3歳から小学校入学前の段階の幼児で、保育園と比べると幅が狭くなります。
また預けられる時間も朝9時から昼の14時くらいまでが一般的なので、こちらも保育園と比べると短くなります。
そして必要になる資格は幼稚園教諭免許で、所管は文部科学省です。

これだけ見ても保育園と幼稚園では異なる点がいくつか見当たりますが、それ以外にも保育園は給食が義務化されているのとは対照的に幼稚園は義務ではありません。
共通しているのは保育料の設定で、金額はそれぞれ異なりますが公立の保育園・幼稚園はいずれも市町村など役場が決めており、民間・認可外のところはそこの責任者が設定していることがほとんどです。

以上のような違いを見ても保育園は児童福祉施設に該当するのに対し、幼稚園は教育施設としての色合いが強く実際にそのような位置づけにあります。
子供を預けるときにはこの違いをよく把握して、安心して預けられる環境を選びましょう。

所沢市の保育園をお探しならくれよん保育園へ
西所沢駅近くの認可外保育園。認可外ならではの充実したサービスを完備。

top