保育園の英語教育 - 保育園の“いま”

保育園の“いま” > 保育園の英語教育
保育園の“いま”

保育園の英語教育

近年日本では英語教育に力を入れるところが増えてきており、かなり早い段階から英語を使った指導を行うところもあるそうです。
それでは保育園における英語教育は現状どのようになっているのでしょうか?

これはまず大きく分けて2つの選択肢があると言え、ひとつはインター保育園と言われる外国人や帰国子女などが混じったところと一般的な児童福祉施設としての保育園です。
前者の場合、外国人や帰国子女の子供たちと一緒に生活することによって早い段階からグローバルな感覚を身に着けることができますし、中にはすべて英語で指導をしているところもあります。
これは早くから英語に馴染むことによって適切な発音ができるようにという目的、そして英語を母国語と同じように扱えればその後の進学にも大変有利になります。
ただし一般的な児童福祉施設としての保育園とは雰囲気がまったく異なりますので、場合によっては馴染めないこともあるでしょう。

また一般的な保育園ではアルファベットを教えるくらいはしていますが、英語教育という点から見れば充実しているとはいえません。
なぜなら保育園は教育施設ではなく、児童福祉施設なのでまずは生活することが基盤になっているからです。

もし自分の子供を早くから英語に馴染ませたいと思うのであれば、インター保育園やインター幼稚園に通うか幼児向けの英語教室に通うかという選択ができるでしょう。
いずれにしても保護者の意向だけでなく、子供自身がしっかりとその場に入っていくことが大切ですので園の見学を含め情報収集をしっかりとやっておいてください。

所沢市の保育園をお探しならくれよん保育園へ
西所沢駅近くの認可外保育園。認可外ならではの充実したサービスを完備。

top